英語を話せない原因とは?

中学校と高校、さらに大学と長い期間にわたって英語を学習したはずなのに、なぜ多くの日本人は英語を話せないのでしょうか?その最大の原因はほとんどの日本人は英語を話す必要がないからです。

 

日本人は世界でも名高い英語が喋れない人種であるということをご存知でしたでしょうか?原因としては英語教育としてスピーキングに重点を置いていないことがあげられるのですが、私もそんな日本で育ったため初めての短期留学時には自分の会話力の無さに嘆きました。

 

そして今後訪れる長期海外留学のために私が選んだのがオンライン英会話です!通常の英会話はお金もかかるし、通学時間もかかる…。

 

けれどオンライン英会話ならば自分の都合に合わせて調節できますし、急な用事が入ればキャンセルも可能です。また、実際に外国人と会話することから一種の英会話恐怖症も拭い去ることができます!

 

実際私もオンライン英会話を日本で3ヶ月行なった後に留学したのですが、以前とは異なり比較的スムーズに会話することができました。

 

やはり実際に日本語が喋れない相手と話す練習は必要ですし、英語を聴く能力も身につきますよ!英検やTOEICで磨くことのできない会話力を、あなたもオンライン英会話で向上させてみませんか?

 

しかしせっかく学習した英語も国内では使う場面がほとんどありません。海外の本も他国では考えられないくらい多くの本が日本語に翻訳されて出版されています。使う場面といえば海外旅行ぐらいという人がほとんどです。

 

しかも、海外旅行で使う英語なんて少しの単語とフレーズを知っていれば事足りてしまいます。そもそも、英語を学習する必要なんてないのではないかと思ってしまします。

 

もし、英語を話す必要性が出てきたとしたら、仕事で契約や条件交渉する場合は別ですが、それ以外なら高校までに学習した英語で十分にコミュニケーションをとることができます。

 

話せない原因は「話さない」ことにあります。正しい文法に沿って正しい英語を話そうとすることがその大きな原因なのです。英語は所詮、コミュニケーションの手段の一つですから、身振り手振りなど他の手段も含めて自分の伝えたいことがおおよそ伝わればOKなのですよ。