英語を話せない原因とは?

中学校と高校、さらに大学と長い期間にわたって英語を学習したはずなのに、なぜ多くの日本人は英語を話せないのでしょうか?その最大の原因はほとんどの日本人は英語を話す必要がないからです。せっかく学習した英語も使う場面がほとんどありません。海外の本も他国では考えられないくらい多くの本が日本語に翻訳されて出版されています。使う場面といえば海外旅行ぐらいという人がほとんどです。しかも、海外旅行で使う英語なんて少しの単語とフレーズを知っていれば事足りてしまいます。そもそも、英語を学習する必要なんてないのではないかと思ってしまします。もし、英語を話す必要性が出てきたとしたら、仕事で契約や条件交渉する場合は別ですが、それ以外なら高校までに学習した英語で十分にコミュニケーションをとることができます。話せない原因は「話さない」ことにあります。正しい文法に沿って正しい英語を話そうとすることがその大きな原因なのです。英語は所詮、コミュニケーションの手段の一つですから、身振り手振りなど他の手段も含めて自分の伝えたいことがおおよそ伝わればOKなのですよ。

PR|女性向けエステ.com|住宅リフォーム総合情報|お家の見直ししま専科|初値予想|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|クレジットカードの即日発行じゃけん|女性の人生|ショッピングカート|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|アフィリエイト相互リンク|童話|JALカード|オーディオ|